Web・プログラミング

サーバーを理解しよう

ホームページやブログ制作に利用されるサーバー。皆さんはそんなサーバーという言葉をよく耳にしたことがあるかと思いますが、意味を聞かれると分からない人が大半なのではないでしょうか。

今回は、そんなサーバーについてザックリと紹介していきますので、参考にしていただければ嬉しいです。

サーバーとは

サーバーとは情報やサービスを提供してくれるコンピューターのことで、皆さんが日常的に使っているパソコンやスマホ、タブレットなどに提供してくれます。

サーバーからサービス等を受け取るパソコンやスマホなどをクライアントと呼び、皆さんはこのクライアントを利用してサーバーから提供されるコンテンツを利用することができるのです。

このサーバーを利用することで、ホームページやブログ、プログラムなどを作成して公開することが可能になります。しかし、サーバーを個人で所有するには莫大なお金がかかるため、市場には物理サーバーと仮想サーバーの2種類が用意されています。以下にまとめました。

物理サーバー

  • 1台のサーバーのことを指し、一般的に多くの人に利用されるサーバーで、共用サーバーと専用サーバーに分類されます。

共用サーバーとはいわゆるレンタルサーバーのことで、物理サーバーを複数人で共有しています。複数人で共有しているサーバーであるため、利用するコストを他と比べて安価に押さえられています。

専用サーバーとは1台まるごと利用できるサーバーのことで、アクセスの多い大規模なサイトや多くのユーザーがいるwebアプリケーションなどに利用されています。共用サーバーと比べるとコストは高くなります。

仮想サーバー

  • 1台のサーバーを複数台の仮想サーバーに分割する仕組みのことであり、VPSサーバーとクラウドサーバーに分類されます。

VPSサーバーとは「バーチャルプライベートサーバー」の略で、1台のサーバーを複数のユーザーで使用して、「OS」「アプリ」を自由にインストールすることが可能です。

クラウドサーバーとはサーバーのスペックを最大限に活かす仮想サーバーのことで、VPSサーバーには出来なかったドライブやメモリーの「拡張機能」に対応しています。

サーバーをざっくり理解することができましたか?これからホームページやブログを作成したい人は必須用語なので覚えておきましょう。そうでない人も知っているだけで役に立つ日が来るでしょう。

  • この記事を書いた人

sawaday

ブログとプログラミングをこよなく愛す男性。日々の生活で学んだことや共有したいこと、体験談などを主に発信しています。このページに来てくれた読者さんにとって少しでも参考になれば嬉しいです(^o^)/

-Web・プログラミング

© 2020 sawaday blog Powered by AFFINGER5