音楽

【2020年版】Afrojack(アフロジャック)おすすめ人気曲7選!EDMシーンを引っ張る存在!?

sawaday
今回は、オランダを代表するDJ
Afrojack(アフロジャック)を紹介していきます

DJ MAGの大人気DJランキングでは常に上位に位置しており、2019年は9位とEDMシーンを引っ張る存在として活躍しています。

また、プロデューサーとしての実力もあり、日本の有名アーティストともコラボしているんですよ!

音楽の特徴として、ゴリゴリ系のEDMミュージックからキラキラ系のエモいミュージックまで幅広いです。

「クラブミュージック好きな方」や「気分を上げたい方」にはとてもおすすめなアーティストなので、是非最後までみてくださいね(*^^*)

Afrojack(アフロジャック)

パーソナル

【本名】Nick Leonardus van de Wall
【生年月日】1987年9月9日
【出身】オランダ
【活動期間】2003年〜

オランダ出身のアフロジャック。幼い頃に音楽に興味を持ち始め、5歳からピアノを習い始めたそうです。11歳の頃に曲作りに没頭しはじめ、2007年に自身のレーベル「WallRecordings」を設立しています。

2010年に『Take Over Control』をリリースし、大ヒットをあげると、その翌年の2011年にPitbullとコラボした『Give Me Everything』をプロデュースし、ビヨンセの『Run The Worlds』もプロデュースしており、プロデューサーとしても名を馳せることに。

また、ラスベガスの巨大クラブであるHAKKASANの公式レジデントを務めていることでも知られています。

sawaday
それではおすすめ人気曲の紹介に入ります!

Turn Up the Speakers

Afrojack & Martin Garrix - Turn Up The Speakers (Official Music Video)

2014年にリリースされた『Turn Up the Speakers』

オランダ出身のDJ/プロデューサーであるMartin Garrix(マーティン・ギャリックス)とコラボしています。

マーティン・ギャリックスと言えば毎年発表されるDJ MAGの大人気DJランキングでここ数年1、2位の座に君臨している若き天才DJ、EDM界の神童として知られています。

曲はこれぞクラブミュージック、EDMといった、ビートが効いた重低音が響きわたるサウンドに仕上がっています。サビの"Trash the beat down, turn up the speakers(ビートを捨て、音量を上げろ!)"も決まってますね。

関連記事
【2020年版】Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)おすすめ人気曲7選!EDM界の神童!?

Summer Madness ft. Afrojack

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / Summer Madness feat. Afrojack

2015年にリリースされた『Summer Madness』

日本を代表するJポップグループ三代目Jソウルブラザーズとコラボした『Summer Madness』。

日本のシングルチャートでは堂々の1位を記録しており、アフロジャックを知らない方でもこの曲は聴いたことあるのではないでしょうか。

Hey Mama ft. Nicki Minaj

David Guetta - Hey Mama (Official Video) ft Nicki Minaj, Bebe Rexha & Afrojack

2015年にリリースされた『Hey Mama』

アメリカ出身の大人気女性シンガーであるNick Minaj(ニッキー・ミナージュ)Bebe Rexhaがボーカルを務めており、フランス出身のカリスマDJ/プロデューサーであるDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)がコラボしています。

とにかく、参加アーティストが豪華すぎる『Hey Mama』。多くの国でチャートトップ10入りを記録しているだけでなく、ユーチューブでの再生回数は驚異の14億回以上再生されています。

アフロジャックの人気曲の一つになっています。

関連記事
【2020年版】David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)おすすめ人気曲7選!EDM界のカリスマ!?

No Beef ft. Miss Palmer

Afrojack & Steve Aoki ft Miss Palmer - No Beef (Official Music Video)

2011にリリースされた『No Beef』

アメリカ出身の日系DJであるSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)とコラボしており、女性シンガーのMiss Palmerがボーカルを務めています。

MVではアフロジャックとスティーヴ・アオキのフェスやプライベートの様子が撮影されており、ゲスト出演として、ラッパーのFlo Rida(フロー・ライダー)やモデルのHolly Mafisonら有名人ら多数登場します。

関連記事
【2020年版】Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)おすすめ人気曲10選!働き者DJ!?

Ten Feet Tall ft. Wrabel

Afrojack - Ten Feet Tall (Official Lyric Video) ft. Wrabel

2014年にリリースされた『Ten Feet Tall』

男性シンガーであるWrabelがボーカルを務めています。アフロジャックの代表曲で人気曲の一つです。多くの国でチャート入りを記録しています。また、Wrabelにとってはキャリア初の大ヒット曲になりました。

タイトルの『Ten Feet Tall』とは「約3m」といった意味であり、君がいるから僕は強くなれるんだといったような内容の曲になっています。

ピアノ音にキラキラ系のサウンドがよく似合う一曲に仕上がっています。

New Memories

DubVision & Afrojack - New Memories (Official Music Video)

2017年にリリースされた『New Memories』

オランダ出身のEDMfデュオであるDubVision(ダヴ・ビジョン)とコラボしています。

自由に高みを目指す内容の曲です。

サビの"Believe your eyes, Watch the nightfall coming down on us(自分の目を信じるんだ、夕暮れが僕らに降りてくるのを見つめよう)"は鳥肌ものです。

個人的にとてもおすすめな一曲!
勇気やパワーがもらえますよ!
sawaday

Illuminate

Afrojack, Matthew Koma - Illuminate (audio only)

2014年にリリースされた『Illuminate』

アメリカ出身の男性シンガーであるMatthew Koma(マシュー・コーマー)がボーカルを務めています。

タイトルの『Illuminate』とは「照らし出す・明るくする」といった意味であり、日本語にもイルミネーションってありますよね。

アフロジャックの演出するキラキラ系サウンドにマシュー・コーマーの響き渡る歌声がなんともノスタルジックな気分にさせてくれる一曲です。

関連記事
【2020年版】Matthew Koma(マシュー・コーマ)おすすめ人気曲7選!女性のような美声!?

おわりに

sawaday
いかがでしたか

ゴリゴリ系のザ・クラブミュージックからキラキラ系のエモいミュージックまで幅広い曲が魅力のアフロジャック。

今回紹介したおすすめ人気曲以外にもまだまだ名曲が沢山あるので、興味を持った方は是非下記のプレイリストを聴いてみてくださいね♪

あなたにとって魅力的な曲が見つかると良いですね(*^^*)

それでは!

Afrojack プレイリスト

WING(AFFINGER5)

「稼ぐ」に特価したWordPressのアフィリエイトテーマ。SEO対策に強く、ブログだけではなく、「収益化」や「ブランディング」を意識した会社やお店などのサイト型で結果が出るように意識した構造や機能が考慮されています。

© 2020 sawaday blog Powered by AFFINGER5