音楽

【2020年版】Kshmr(カシミア)おすすめ人気曲7選!インド系アメリカ人DJ!?

sawaday
今回はインド系アメリカ人DJである

Kshmr(カシミア)を紹介していきます

音楽の特徴として、フェスやクラブミュージックの王道であるプログレッシブハウスにインドのリズムやボーカルを取り入れている楽曲が多いです。

とにかく、音楽で盛り上がりたい、気分を上げたい方やインド映画やサウンドが好きな方には是非おすすめです!

Kshmr(カシミア)

【本名】Niles Hollowell-Dhar
【生年月日】1988年10月6日
【出身】アメリカ・カリフォルニア州
【活動期間】2006年〜

カシミアはカリフォルニア州サンディエゴ生まれ。

母はアメリカ人で、父はインド人なんだそうです。父の出身地であるジュンムー・カシミール州にちなんで、『Jammu』『Kashmir』という曲もリリースしています。

2015年にはDJ Magの大人気DJランキングで23位にランクされ、2016,17年には12位に上昇しました。

sawaday
それでは曲の紹介に入ります

Karate

2014年にリースされた『Karate』

オランダ出身のDJ/レコードプロデューサーであるR3hab(リハブ)がコラボしています。

カシミアの代表曲の一つであり、ユーチューブでは再生回数が驚異の1億3,000万回を超えています。

とにかく激しいシンセサイザーを取り入れたサウンドはノリノリな気分にさせてくれますね。気分を上げたい時におすすめです。

MVでは、アメリカのラウンドガール/モデルで知られるArianny Celesteが道場、筋トレルームらしきところでワークアウトに励んでいる様子が描かれています。

ちょこちょこ画面に登場する日本語のサブタイトルにも注目です。

 

Secrets ft. Vassy

2015年にリリースされた『Secrets』

オランダ出身のレジェンドDJ/プロデューサーであるTiesto(ティエスト)がコラボしており、オーストラリア出身の女性シンガー、Vassyがフィーチャリングでボーカルを務めています。

こちらもカシミアの代表曲の一つで、EDMの大ヒット曲です。

数々の国のシングルチャート入りを記録しており、Beatportチャートのトップも獲得しています。

とにかく曲はかっこいいの一言!

ぼくはこの曲がきっかけでKshmrを知りました

sawaday

MVでは廃墟したゲーム店で男女がゲームを修理して遊んでいる様子が描かれています。最後の展開にも注目です。

 

Wildcard ft. Sidnie Tipton

2016年にリリースされた『Wildcard』

女性シンガーであるSidnie Tiptonがフィーチャリングでボーカルを務めています。

 

Bazaar


2015年にリリースされた『Bazaar』

イタリア出身のEDMデュオであるMarnikがコラボしています。

MVではカシミアのフェスの様子やインドの街並みや砂漠などが撮られています。

盛り上がること間違いなしの一曲です。

 

Invisibe Children

2016年にリリースされた『Invisible Children』

オーストラリア出身の女性DJ/プロデューサーであるTigerlily(タイガーリリー)がコラボしています。

タイトルの『Invisible Children』とは直訳すると「目に見えない子供」。

インドや世界中の貧困が蔓延し、人々が気づかなくなる場所のスラム街の子供たちを指す用語に由来しているそうです。

冒頭のギターサウンドや迫力のあるインディアンボーカル、ハードヒットドロップがより引き立たせていますね。

現在のインド社会をとらえた一曲ですね。

 

Harder ft. Talay Riley

2017年にリリースされた『Harder』

前述したオランダ出身のDJであるティエストとコラボしており、イギリス出身のシンガーであるTalay Rileyがフィーチャリングでボーカルを務めています。

曲は全体的にキラキラ系なサウンドで、カシミアとティエストのコラボらしくないといえばらしくない曲に仕上がっています。

ですが、とてもリズミカルで何度でも聴きたくなるお気に入りの一曲です。

 

Alone ft. Anjulie & Jeffrey Jey

2019年にリリースされた『Alone』

カナダ出身の女性シンガー、Anjulieとイタリア出身の男性シンガーであるJeffrey Jeyがフィーチャリングでボーカリングを務めています。

MVでは若い男女がSNSを通じて、心境を伝え合っている様子がコミカルに描かれています。

ダンスミュージック的な要素を持ちながらどこかノスタルジックで物寂しさなサウンドがとても印象的です。

響き渡る力強いボーカルの歌声にも圧倒されます。

お気に入りの一曲

何度もリピートしちゃいます

sawaday

 

おわりに

sawaday
いかがでしたか

インドの文化に基づいた迫力あるサウンドが多かったのではないでしょうか。すごく引き付けられますよね。

そんなカシミアの名曲はまだまだ沢山あるので、興味を持った方は下記のプレイリストも聴いてみてくださいね!

あなたにとって魅力的な一曲が見つかるといいですね(*^^*)

それでは!

Kshmr プレイリスト

ブログ運営の最強ツール

WING(AFFINGER5)

「稼ぐ」に特価したWordPressのアフィリエイトテーマ。SEO対策に強く、ブログだけではなく、「収益化」や「ブランディング」を意識した会社やお店などのサイト型で結果が出るように意識した構造や機能が考慮されています。

  • この記事を書いた人

sawaday

ブログとプログラミングをこよなく愛す男性。日々の生活で学んだことや共有したいこと、体験談などを主に発信しています。このページに来てくれた読者さんにとって少しでも参考になれば嬉しいです(^o^)/

-音楽

© 2020 sawaday blog Powered by AFFINGER5