音楽

【2020年版】Sigma(シグマ)おすすめ人気曲7選!ドラムンベースの頂点!?

 

sawaday
今回は、ドラムンベースを代表する音楽アーティスト、

Sigma(シグマ)を紹介していきます!

 

音楽の特徴として、ドラム&ベースを駆使したサウンド超絶スピード感のあるリズム(BPM160以上)を取り入れています。

 

こんな方におすすめ

  • スピード感のあるハイテンポサウンドが好きな方
  • 気分を上げたい方

 

ファンや初めて聴く人も少しでも参考にして頂けたら嬉しいです(*^^*)

 

Sigma(シグマ)

【メンバー】Cameron Edwards(Cam), Joe Lenzie(Joe)
【活動拠点】イギリス
【活動期間】2013年〜

 

メンバーはCameron EdwardsとJoe Lenzieの二人から構成されており、イギリスにあるリーズ大学で知り合ったそうです。

 

大学卒業後は拠点をロンドンに移して、Ben Mauerhoffを含むスリーピースとして活動していたそうですが、後にMauerhoffはグループをさり、現在の二人に至ったとか。

 

2013年の夏に音楽レベールである"3 Beat Recoeds"と契約後にEllie GouldingやEric Prydzなどの有名音楽アーティストの楽曲のリミックスを多く手掛け、その後同レーベルからシングル楽曲をリリースすることに。

 

彼らが3番目にリリースした『Nobody To Love』が世界で大ヒットを記録し、世界中から注目を浴びる存在となりました。

 

僕もSigmaの『Nobody To Love』をきっかけに彼らの魅力にひきこまれていきました。

それではいってみましょう!

sawaday

 

Nobody To Love

 

2014年にリリースされた『Nobody To Love』

 

Sigmaの代表曲であり、彼らのキャリアで最も成功した曲です。

 

イギリスのUKシングルチャートでは初の1位を記録しており、世界でも大ヒットした曲です。

 

特徴はなんといってもSigmaの持ち味である早いテンポ!

BPMは175あり、早いビートが自然と気分を上げてくれますね。

 

僕は一時期この曲にハマりすぎて、毎日浴びるほど聴いていました。

聴くだけでパワーがもらえるんですよね〜

 

Changing ft. Paloma Faith

 

2014年にリリースされた『Changing』

 

イギリス出身の女性シンガーであるPalama Faithがボーカルを務めています。

 

こちらもSigmaの代表曲の一つであり、前述した『Nobdy To Love』同様、UKシングルチャートで1位に輝いています。

 

Palamaの響きわたるハスキーボイスにドラムンベースの早いビートがマッチしていますね。

 

僕のお気に入りの曲の一つでもあります(^^)

 

Higher

 

2015年にリリースされた『Higher』

 

イギリス出身の男性シンガーであるLabrinthがボーカルを務めています。

 

イギリスのUKダンスチャートでは1位を記録しています。

 

冒頭はゆっくりとした重いテンポにLabrinthの美しく甲高い歌声から徐々に、テンポが上がっていく瞬間は鳥肌ものです。

サビであるドラップ部分ではボルテージも最高潮に達ます。

アドレナリン全開放出です!

 

Gitterball ft. Ella Henderson

 

2015年にリリースされた『Gitterball』

 

イギリス出身の女性シンガーであるElla Hendersonがボーカルを務めています。

 

イギリスのUKシングルチャートでは4位、ダンスチャートでは2位を記録しており、スコットランドのSCOシングルチャートでは堂々の1位を獲得しています!

 

Ellaの美しい歌声がドラムンベースに合わさって全体的に爽やかで爽快に仕上げているなー感じる一曲。

夏にとっても合う一曲ではないでしょうか(^^)

 

Coming Home ft. Rita Ora

 

2015年にリリースされた『Coming Home』

 

イギリス出身の女性シンガーであるRita Ora(リタ・オラ)がボーカルを務めています。

 

各国のシングルチャートでチャート入りしたSigmaの人気曲の一つです。

 

『I Will Never Let You Down』や『Let You Love Me』などの数々のヒット曲を生み出している大人気シンガーリタ・オラがコラボしていることもあって、僕は彼女のファンなので、コラボしたときはかなりテンション上がりました!

 

Find Me ft. Birdy

 

2016年にリリースされた『Find Me』

 

イギリス出身の女性シンガーであるBirdyがボーカルを務めています。

 

ユーチューブではおよそ5,200万回以上再生されており、Sigmaの人気曲の一つです。

 

冒頭のピアノの旋律にBirdyの何か物寂しげな歌声から始まり、どんどんとテンポが上がっていく瞬間は凄く心地が良いです!

Birdyの力強い歌声にも注目です。



2 Hearts ft. Gia Koka

 

2020年にリリースされた『2 Hearts』

 

オランダ出身のDJであるSam Feldt(サム・フェルト)とコラボしており、女性シンガーのGia Kokaがボーカルを務めています。

 

Sam Feldtがコラボしていることもあって、彼の音楽の特徴であるサクソフォーンを取り入れたトロピカル調の曲に仕上がっていますね。

 

参考【2020年版】Sam Feldt(サム・フェルト)おすすめ人気曲7選!Sunsetに合う!?

続きを見る

 

2組のDJの奏でるサウンドにボーカルのGia Kokaの力強い歌声が相まって、気分の上がる一曲ですね(^^)

 

おわりに

 

sawaday
いかがでしたか

 

Sigmaの音楽の特徴である、ドラムンベースの早いテンポに圧倒されたのではないでしょうか。

 

聴いているだけで自然とテンションも上がっちゃいますね。

 

プレイリストを下記に載せておくので、興味を持った方は是非聴いてみて下さい!

 

あなたにとって魅力ある素敵な曲が見つかると良いですね(*^^*)

 

Sigma プレイリスト

 

  • この記事を書いた人

sawaday

ブログとプログラミングをこよなく愛す男性。日々の生活で学んだことや共有したいこと、体験談などを主に発信しています。このページに来てくれた読者さんにとって少しでも参考になれば嬉しいです(^o^)/

-音楽

© 2020 sawaday blog Powered by AFFINGER5